Windows 11が10月5日にリリース決定。


Windows 11 available on October 5(マイクロソフト Windowsブログ(英語)より)
本日いろいろなネットメディアにおいて、「Windows11リリース決定」を報じておりますが、リリース決定報道のもとになる英語ブログへのリンクを貼っておきます。
英語ブログの記事の内容のうちリリース時期に関係する部分を、機械翻訳で日本語に訳したうえで文面を引用させていただきます。
(引用)
(原文)
Rolling out the free upgrade to Windows 11 in a phased and measured approach
The free upgrade to Windows 11 starts on October 5 and will be phased and measured with a focus on quality. Following the tremendous learnings from Windows 10, we want to make sure we’re providing you with the best possible experience. That means new eligible devices will be offered the upgrade first. The upgrade will then roll out over time to in-market devices based on intelligence models that consider hardware eligibility, reliability metrics, age of device and other factors that impact the upgrade experience. We expect all eligible devices to be offered the free upgrade to Windows 11 by mid-2022. If you have a Windows 10 PC that’s eligible for the upgrade, Windows Update will let you know when it’s available. You can also check to see if Windows 11 is ready for your device by going to Settings > Windows Update and select Check for updates*.
(日本語訳)
段階的かつ測定されたアプローチで Windows 11 への無料アップグレードを展開する
Windows 11への無料アップグレードは10月5日に開始され、品質に焦点を当てて段階的に測定されます。Windows 10 からの多大な学習に従って、私たちはあなたに可能な限り最高の体験を提供することを確認したいと考えています。つまり、新しい対象デバイスが最初にアップグレードを提供されます。その後、ハードウェアの適格性、信頼性指標、デバイスの年齢、およびアップグレード エクスペリエンスに影響を与えるその他の要因を考慮したインテリジェンス モデルに基づいて、アップグレードが市場内デバイスに時間をかけて展開されます。2022 年半ばまでに、対象となるすべてのデバイスが Windows 11 への無料アップグレードを提供されることを期待しています。アップグレードの対象となる Windows 10 PC をお持ちの場合は、Windows Update が利用可能なタイミングを知らせます。Windows 11 がデバイスに対応しているかどうかを確認するには、[Windows Update] > [設定] に移動し、[更新プログラムの確認] を選択します。
(引用終わり)

現時点でWindows10からアップグレードできる端末に関しては、マイクロソフトから提供開始された「PC Health Check Application」を利用することで確認することができます。
Windows Insider Preview PC Health Check Application
導入が可能な端末に関しては、適時Windows Update経由で入手できるようになりますし、急ぎで試したいという人は「Media Creator Tool」を使って手動で導入する手段もあります。
では、導入できないと判断された端末を持っている人はどうすればいいかと考え込んでしまう人も多くいるかと思いますが、Windows10のプロダクトサポート期日は2025年に設定されていますので、期日までの間にWindows11への切り替えを進めればいいだけですのでゆっくりと導入を進めていけばいいだけです。
期間も猶予もありますので、あわてず騒がずゆっくり対応していけばいいかと思います。
このような書き方をしているのは、Windows10の導入時期に大量のPCを導入した現場経験があるからです。この時に大幅にパソコンの刷新を行った事業者や行政団体、教育団体が多くあり、これらの法人などに導入しているパソコンのスペックの多くが今回のWindows11の要件に合致していない端末が多くあるということを肌感覚で経験しているからです。
だからこそ、Windows10のサポート期間の猶予のある間のうちにゆっくりと切り替えていくべきかと思います。個人ベースで使うことを考慮している人なら、最低限のCPUスペックとして考えているのは旧式のCPUになるかもしれませんが、インテルなら「第10世代のCore i5」、AMDなら「Zen2ベースのRyzen5」を選択しておくだけでもかなりのパソコンの機動性を確保できるかと思います。現時点でHDDモデルを選ぶのではなく、SSDモデルを選択していくだけで体感速度は大きく変わります。このように、マイクロソフトが提唱している環境からいかにして、対応できるスペックに近づけていくかということを考えていくのも必要になるかろ思います。
「Dell」や「Lenovo」であれば、検索をかけることでこれらの環境に合わせた形でのパソコンを検索することもできます。そういった形でネットメディアが提唱する機種以外で利用できるということを気にかけておくべきかと思います。
今後、このブログで紹介するプロモーションを通して、デル、HP、富士通、東芝などのパソコンを提案していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください